【リトル・マーメイド〜人魚姫と魔法の秘密〜】ビジュアル最高なファンタジー人魚姫
2018年にアメリカで公開されたファンタジー映画です。
人魚×サーカス団の悪党×魔法の世界
という要素が組み合わされ
現実世界と空想世界が混じり合うようなお話しです。
作品として何を主張したいのかは、イマイチ分かりませんでした。
何も考えずぼけーっと観て楽しむのには最高です。
主要キャストや映像は美しいので目の保養になります。
ざっくりあらすじ
新聞記者のキャム姪のエルを面倒見てる
エルは身体が弱い
エルの為に良い薬を手に入れたいキャム
ある地域に秘薬があるという噂を知る
取材がてらエルと小旅行に行く
怪しいサーカス団を見つける
サーカス団が秘薬を売っている
水槽で泳ぐ人魚見る
秘薬の名前は「人魚の癒しの水」
サーカス団のロックが凄い悪党だった
人魚の秘密を知る
人魚や仲間、ゾウを逃す
悪党ロックに追われる
エルが突然覚醒して魔法でロックを飛ばす
キャムも体当たりでロックと闘う
ロックさようなら
無事ハッピーエンド
、、です!
もう少し時間をかけて内容を練って設定を充実させれば
物語に深みが出て面白くなったのかなあと
ちょっと残念な感じのマーメイドストーリーでした。
キャストのビジュアルと映像が美しいだけに勿体なかったかなと。
そんな映画です。
人魚のダシ汁

人魚度:☆☆☆☆&エグい

人魚度は星4つで!
この映画に出てくる人魚・エリザベス(ポピー・ドレイトン)がとっても美人で綺麗です。

nao
可愛い!!
エリザベスの可愛いさに星4つを付けましょう。
しかし
ストーリーの内容はエグいです。
人魚姫は自分の望みを叶える為に
声ではなく(声だけでも充分恐ろしいですが)
を取られてしまいます。
望みを叶える為に魂を取られてしまうという設定はゾッとしました。

nao
いやですね、、

nao的おススメシーン

冒頭の絵本が可愛い

映画始まってすぐに流れる絵本の映像がとっても可愛いです!

nao
人魚の顔色がですが。
綺麗な絵にテンションが上がります。
ついでにその絵本を読み聞かせされてる
幼い女の子たちも超可愛いです。
絵本の映像や
その女の子たちの出演シーンはたまらなく可愛いシーンです。

主要キャストの美がスゴイ

先ほどお話しした女の子たちもとっても可愛いのですが、
  • 新聞記者のキャム・ハリソン(ウィリアム・モーズリー)
  • キャムの姪エル(ロレト・ペラルタ)
  • 人魚のエリザベス(ポピー・ドレイトン)
たちのビジュアルが美しくて最高です。

nao
美でしかない、、

 

物語の内容が浅くとも
この映画を観てそこまで不満に思わなかったのは
この主要キャストのビジュアルがとにかく最高だったからなのではないでしょうか、
と私は感じました。(個人の感想です。)

ゆっくり逃げるゾウ☆

物語には可愛いゾウが出てくるのですが
ゾウの出演する意味が弱いかなと。
物語が進むと、
  • ゾウは実は人間で、魔法で姿を変えられていた
  • ゾウがサーカス団に連れてこられた理由
などが明かされていくのかなと途中までワクワクしていたのですが
結局ゾウは最後までただのゾウ
物語終盤にキャムに鎖を外してもらい
ゆ〜っくり
ノソノソとサーカス団から逃げて行くのでした。
本当にゆーっくり逃げていきます。
逃げる気あるんか
ちょっと物足りない刺激少なめのゾウのシーンですが
しかしほんのり癒されることは間違いないです。

まとめ:イケおじ羨ま姪のエル

魔法や妖精を信じる少女エルがとても可愛いのですが、
叔父のキャム・ハリソンを演じたウィリアム・モーズリーが超イケメンでカッコよくて
エルが凄く羨ましく感じました!

nao
あんなおじさんカッコよすぎる。
人魚を演じたポピー・ドレイトンも
とーっても綺麗で可愛いのですよね。
キャストの美しさに終始見惚れてしまう映画でした!
内容は、アッサリ系です。
以上!
映画レポでした。
始めました♪
ワンクリック応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事