【レディ・イン・ザ・ウォーター】水の精・ナーフは無事元の世界へ戻れるか?!
2006年にアメリカで公開されたミステリアスファンタジーストーリーです。
アパートの管理人・クリーブランドがプールで裸の女の子・ストーリーと出会います。
彼女は「青い世界」からある人物を目覚めさせる為にやってきたと言います。
その後ストーリーは自分の世界へ戻らなければいけないのですが、恐ろしい猛獣・スクラントが彼女の命を狙います。
彼女は無事元の世界へ帰れるか?
彼女を助ける為、クリーブランドや多国籍アパートの住人たちが奮闘する物語です。

人魚度:no star

人魚は全く出てきません。
水の精という不思議な妖精のような存在は出てきますが魚感もありません

昔、人間と海の精は近くに住んでいた
海の精は人間を導き未来を予言した



今、海の精たちは再び人間に手を差し伸べ始めた
すでに何人かは人間界に送り込まれた
彼らは真夜中に人の近くに運ばれてくる

海の精を見るだけで
人の心は目覚めるのだ

見どころ

多国籍アパートの住人たち

クリーブランドが管理人をする「コーブ・アパート」の住人たちのキャラがそれぞれ濃いめで強烈です。

nao
普通の人がいない。
  • 売れない作家の兄と妹
  • パズルを解きまくる親子
  • 新しい住人の偏屈な評論家
  • ビッグサイズボディの5姉妹
  • 右半身だけ鍛え続ける筋肉研究家
  • 野良猫もすぐ飼ってしまう動物愛護家
  • ヒステリックな韓国人母と大学生の娘
  • いつもダラダラつるんでいる不良グループ
など。
唯一、管理人のクリーブランドだけが落ち着きがあり見ていてホッとするキャラクターです。

nao
濃過ぎて胸焼けしそうだなー
と思っているうちに、、、、
その住人たちが、
水の精であるストーリーを助ける為
協力し始める展開になりお話しのスピード感が増します。
その様子は観ていてワクワク、そして感動します。
アパートの住人たちに注目です。♪

それぞれに役割がある

ストーリーを助ける為、
クリーブランドは韓国人親子のチョイとヤンスンに、東洋に伝わるお伽話を教えてもらいます。

海の精は選ばれた人の前に現れる
その人は選ばれし"器"と呼ばれ
ナーフに出会うとある感覚が目覚めるの

その"器"と出会えたナーフは
巨大なワシ:グレート・イートロンと一緒に元の世界へ帰り自由になる

物語にはスクラントという悪者も出てくるわ
それは水から出たナーフを殺すの

ひそかにその時を狙っていて
草に紛れている上に全身が草みたいな毛で人目につきにくい



お伽話の世界の番人と呼ばれるものも3匹いて
それはタートゥテックと言うわ

木の上に住んでいる猿に似た動物だけど
誰も見たことがないからよく分からないわ

伝説によると邪悪な動物と言われていて
生まれてすぐに親を殺したの

彼らがブルー・ワールドの正義を守っている

物語の中間から、
お伽話の世界がどんどん暴かれていきます。
ストーリーを助ける人間にそれぞれ役割があるようで、
  • その役割の人物は一体誰なのか?
    謎を解いていく感じもワクワクしながら観れました。
    • 通訳

    色々なものから解読をする
    宇宙からのメッセージを人間に伝える
    記号を改訳する

    • 守護者

    ケダモノからナーフを守り旅立つのを見守る
    守護者に見られているとスクラントはその場から動けなくなる

    • ギルド

    ナーフを助ける集団

    • ヒーラー

    希望に満ち万物の生命力を蘇らせる人
    "癒し手"と呼ばれる
    蝶を引き寄せる人物

    筋肉が全部持ってくラストシーン

    この映画の展開というのは
    比較的おとなしく静かに進んでいきます。
    若干ドキドキワクワク
    ハラハラしたりはするものの、
    これといった大きな盛り上がりや特徴が無いのですよね。
    物語の核であるはずの
    • ナーフの目的の重要度があまり伝わってこなかったり
    • 怪物クワラントの姿も後半にならないとよく見えませんし
      所々の区切りが分からずアレッ?という間にお話しがスーッと進んでいきます。
      やわらかな薄毛のようにサラ〜ッと
      全体的にうすーい感じです。
      しかし
      ラストでいよいよナーフがワシと一緒に帰るぞ!!
      でも危ない!!スクラントに襲われる!!
      ギャー!!!!
      という危機一髪のところで
      スクラントを制する者・守護者が現れます!!
      最後まで守護者が誰か分からず苦戦していたのですが
      その正体は
      筋肉バカのレジーだったのです!!

      nao
      !!!!!!!
      思わず
      筋肉ー!!!!
      と叫びそうになりましたよ。
      というかちょっと笑ってしまいました。
      ラストを筋肉が全部持っていきます。笑
      とはいえレジー本人に自覚症状がないので
      レジーはクリーブランドから
      スクラントから目を逸らすな!!
      と指示されても

      エッ?

      え何オレ?

      エッ?

      となりますがそれもまた面白く、、笑
      筋肉が最高に輝くシーンでした!

      nao
      ww
      ちょっと筋トレしたくなりますね。笑
      カッコいいです守護者。

      nao
      wwww

      まとめ:おとなしファンタジー

      派手さはない物語でしたが
      多国籍で個性的な住人たちが
      まあまあ仲良く平和に暮らしている様子にホッコリしました。
      国も人種も、
      だれも特別扱いや変人扱いせず
      当然のように同じ立場で暮らしているという世界観は大好きです。
      check!
      あとで知りビックリしたのですが
      この映画の監督さん
      俳優として出演しているそうです。
      (売れない作家・ビック役)
      管理人クリーブランドとナーフ・ストーリーの心の交流が優しく描かれています。
      ちょっとした魔法や不思議な世界を感じたい方はどうぞ!
      以上!
      映画レポでした。

      にほんブログ村 映画ブログへ
      にほんブログ村

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事