【リトル・マーメイド】アリエルとエリック王子が出会う?!テレビシリーズ版シーズン3
1992年から1994年にかけて放送されたディズニー映画「リトル・マーメイド」の
テレビシリーズ版のレビューになります。
今回はラスト、シーズン3!

nao
アリエルとエリック王子が再び巡り逢うドラマチック展開がありドキドキします。
海の中で愉快に暮らす
アリエルやアトランティカの住民たちのお話しです。
シーズン1はこちら
シーズン2はこちら
映画版はこちら

第一話:海賊をやっつけろ!

アリエルと、お喋りで陽気なカモメ・スカットルとの出会いのお話し。
  • ベートーベン
  • エリック王子も登場します!
セバスチャンはワシやインコ、
ネズミに襲われて大変な回です。

nao
涙。

俺についてくりゃ
もっと色々教えてやるぜ
飛び方だけはムリだけどねぇハッハー!

劇中:スカットルの台詞
ワシに襲われ、抵抗したセバスチャンが落ちた先はなんと海賊船でした。
その時にセバスチャンは、
海賊船が王子の船を狙っているという情報を手に入れます。
それを聞いたアリエル
海賊船に罠をしかけ
王子たちの乗っていた船を助けます。

ほんとさ、この目で見たんだ

ーまたご冗談を

確かに見えたんだよ
一瞬、美しい人魚が

ー日増しに想像力がたくましくなりますなエリック様
気をつけないと頭を疑われますぞ

劇中:エリック王子と執事の台詞
一度ならず二度までも、
アリエルはエリック王子を助けていたというお話しに感激します。
映画リトル・マーメイド

第二話:セバスチャン大王になるぞ

  • エスカルゴの郵便屋さん
  • セバスチャンのご両親
が初登場します!
お調子者のセバスチャンは両親に
"自分は国王だ"と手紙でウソをついていました。
それを信じ、愛する息子の活躍を見に来たご両親。
そんな中、突然の両親訪問焦るセバスチャンでしたが、
トリトン王が不在なのをいいことに
アリエルやフランダー、アーチンにお願いし
両親を喜ばそうとウソをつき続ける事にしました。
しかし
それを嗅ぎつけたシャーガ皇帝率いるシャーガニアの兵士たち
伝説の魔法の石を使い
王不在のアトランティカを攻撃しようと企みます。
check!
魔法の石の中から、ジーニーのような魔人が出てきます。
セバスチャンのウソの行方は一体どうなるのか?!
トリトン王不在のアトランティカを、
大王セバスチャンは守り抜けるのか?!
調子に乗りすぎるセバスチャンに若干イラッとしますが、
セバスチャンのご両親を悲しませないようにと
セバスチャンと一緒に
ウソをつき続けるアリエルたちの優しさ
心がホロっと感動します。

nao
トリトン王も珍しくかなり大人の対応をするので驚きます。
ツバで切手を貼るタイプ
(正確には、ツバで手紙の封をした)
ちょっときたないセバスチャンも見れます。

第三話:恐怖のカニ実験

カモメのスカットルが再び登場します!
スカットルに人間の物について教わるアリエル。
スカットルは靴下を、ふにゃペロンという名前で呼び、それは鳥のくちばしに被せて鳥を踊らせる物だと説明します。
そんな穏やかな日常を過ごしていた時、
何やら緑色の液体が海へ流れてきて
魚たちが一斉に苦しみ出します。
アリエルはその出どころを突き止めようと
液体を辿り、調査に行く事にしました。
check!
リトル・マーメイドのテレビシリーズ版で最も怖いと思う回でした。
顔色が悪く不気味で邪悪な博士・バイヤル
バイヤル博士の実験で姿を変えられた
カニや魚、クモの
ゾンビのようなおぞましいモンスターが登場します。
バイヤル博士の弟子ダイエル
セバスチャン種を超えた温かな交流も見どころです。
海を汚染する液体を取り除き、
アリエルたちは綺麗な海を取り戻せるのでしょうか。
海の上が大嫌いなトリトン王が、
一肌脱いで尽力するシーンにも注目です♪

絶対にこれはあの逃げたカニの仕業に違いない
私を怒らせたが最後、ただでは済まんぞ
一生かかっても見つけ出して
とっ捕まえてやるから覚えておれ

劇中:バイヤル博士の台詞
ラストで描かれる、復讐心でいっぱいのバイヤル博士が恐ろしいです。
また一波乱ありそうな終わり方です。

nao
怖、、

第四話:失われた島

このお話しにはなんと恐竜が登場します!!
北極グマ、アシカ、ザトウクジラも登場♪
ストーリー
一家で北の果てウィンターランドリゾート旅行に来たアリエルたち。
トリトン王やお姉さんたちがリゾートの中で温泉を楽しんでいる中
アリエルは冒険心を掻き立てられ
フランダーと共にプレヒストリアという
"失われた島"を探しに行きます。
とても寒い北の果てで、
ひょんなことから氷漬けになってしまったフランダー。
そのフランダーを助けようと、
アリエルは内緒でトリトン王の鉾を持ち出します。
鉾の力で氷を溶かし、無事に
フランダーを助け出したアリエルでしたが
フランダーと同じように氷漬けになり
凍ったまま動かない恐竜たちを可哀想に思います。
どんな生き物にも良いところがあると信じているアリエルは、
ついに恐竜たちの氷までも溶かしてしまいます。
氷が溶け、動き出す恐竜たち。
アリエルの信じたように、
優しい生き物だったら良かったのですが
そうもいかず、、
point
お腹が空いた恐竜たちが容赦なく迫り来るシーンスリルでいっぱい!
ハラハラドキドキします。
アリエルの優しい心が、
今回ばかりはちょっと大変な騒ぎを起こしてしまうという展開です。

はぁ、、
まぁお前にしたら無理もないか
どんな生き物にも良いところがあると
信じておるのだから

劇中:トリトン王の台詞
お疲れ気味のトリトン王と
陽気でお喋りなセバスチャンのやり取りにも
思わず共感してしまいそうになります。

nao
人間の世界にもよくあるシーン、、

第五話:伝説の英雄アポロ

アトランティカの英雄と称えられていた
アポロというマーマンの物語。
遠い昔、アトランティカの危機を救った英雄アポロが久しぶりに帰ってくると知り
アポロを盛大に迎え入れなければと大張り切りのトリトン王

アポロって、歴史の授業で習ったわ

ー彼はまさに英雄の中の英雄だ
誰よりも頼りになる海の戦士だった

劇中:アリエルとトリトン王の台詞
しかし、アトランティカに戻ってきたアポロの様子はおかしくて、、?
  • 昔から敵対関係にあったオクトパン一族
  • バイキングが棲む伝説の地バルハラ
  • オクトパンを裏で操るアースラ
  • 砂地獄シードラゴン
など様々な障害が次々に襲いかかる中、
アポロやトリトン王、アリエルたちは
アトランティカの国を再び守り抜く事が出来るのか?!
そしてずっと秘密を打ち明けられず、
一人で悩んでいたアポロはどうなっていくのか?!
point
臆病で弱虫な"ヒーロー"が、
自分の中の本当の勇気を振り絞り
真のヒーローへと変わっていく様子が見どころです。

nao
ラストシーンのアポロは本当にかっこいいです!

第六話:おヒゲのはえたフランダー

いつもアリエルの冒険に嫌々、
渋々付き合っているフランダー
その冒険のせいで散々な目に遭うとても気の毒なお話しです。
このお話しのタイトルは可愛いですが内容は全然可愛くなかったです。

nao
おヒゲ♪なんて愉快なものではありませんでした。

ねぇ!入ったら絶対に危険だよ!

ー望むところよ。ワクワクしちゃう
行くわよ!

ダメだってきっと後悔するよ!
何回言ったら分かるんだい

ーアッハハハ
フランダーったらおヒゲは無いけど
まるでパパみたいだわね
人生は一回っきりよ!

命もひとつきりだよ!!

劇中:フランダーとアリエルの台詞
綺麗なクリスタルが沢山はえている
小さな洞窟に潜り込んだアリエルたち。
フランダーはそこで、
呪われたヒゲ魚にシッポを噛まれ
なんとフランダーも呪いのヒゲ魚に変身してしまいました!
ヒゲ魚になったフランダーはもう大変!
手のつけられないほど凶暴化して
街を荒らし暴れまくります。
このままでは、
フランダーは村人に退治されてしまいます。
フランダーを救うため、
アリエルたちはヒゲ魚の呪いを解く方法を懸命に探します。
check!
この回では
  • セバスチャンとアーチン
  • アリエルとフランダー
  • セバスチャンとトリトン王など
様々なペアが喧嘩仲直りを繰り広げます。
自分の不用品セバスチャンにあげるトリトン王がちょっとひどいです。笑

第七話:アリエルの宝物

アリエルの宝物は、海で拾った人間の物。
アリエルはいつものようにワクワクしながら
素敵な宝物探しに出かけていきます。
check!
アリエルの出掛けた先の海の上には
なんとエリック王子たちの船が浮かんでいました。

nao
運命の糸は何度でも二人を引き寄せていたのですね。
セバスチャンの宿敵、シェフのルイ
手話を操る人魚の少女ガブリエラも登場します。
ストーリー
トリトン王が不在という事を水晶で見ていたアースラ
アトランティカを乗っ取ろうと悪だくみをします。

トリトン王からアトランティカを
乗っトリトンよぉ〜

劇中:アースラの台詞
思わず二度見してしまいましたがアースラが寒いギャグを口にします。

そぅ、、
トリトンはしばらく居ないってワケね
フフフフフ
よく言うでしょ 潮時を見図れって
こんな潮時めったにないわ
暴れまくってやる
だってトリトンは私には
いい子でな、って言わなかったもん
フフフフフ
全力を尽くして悪さをしてやるわよ〜
フフハハハハハハハハ

劇中:アースラの台詞

nao
キチガイ、、
アリエルの宝物である人間の物
遠隔で魔法の呪いをかけ
アトランティカを荒らしてしまうアースラ。
大切なものを奪われ壊されていくアリエルがとても可哀想になります。
しかし
やられるだけではない勇敢なアリエル。
ガブリエラと協力して
アースラを追い払おうとします。

またひとつ素敵な思い出が出来たわね
宝物は無くなったけど
本物の宝物はここにある

みんなやアトランティカの人たちの事よ
人間の物はまた集めたらいいけど
友だちは変えられないわ

劇中:アリエルの台詞
いつも前を向き、
工夫して危機を乗り越え
何事もポジティブに考えるアリエルが素晴らしいです。

第八話:意地悪なマンタ

この回はアリエルが芸術について考えます。
セバスチャンの彫刻の授業で
石をどんな形に掘ったら良いのか分からないアリエル。

そうか
お前さんに必要なのはインスピレーションだ
さぁ教室の外に出てワクワクするものを見つけておいで

劇中:セバスチャンの台詞

芸術って変なものねフランダー
考えれば考えるほど何も浮かばない
少しリラックスして、
閃めきがくるのを待つわ

劇中:アリエルの台詞
ストーリー
さて肝心のストーリーですが、
なんとイービル・マンタの息子
リトル・イービルが初登場します!

nao
息子いたのか、、
イービル・マンタは不気味でゴツいですが
息子のリトル・イービルはとっても可愛いビジュアルで、
そして心根が優しい男の子です。
補足情報
父、マンタをパパりんと呼びます。
息子を極悪非道に育て上げたい父イービル・マンタと
アリエルに出会い絵を描いたり学校に行くことの楽しさを覚えた息子リトル・イービルの
親子の物語です。
  • はいそげ
  • 今日は悪い子にしてただろうな?
  • 心がとろけるような悪タレぶり
  • 眠れ小さな悪魔、悪い夢をみて。
  • 悪さするならベストを尽くせ!
  • おやすみ、安らかに惨めに
  • そういう駄々をこねる悪い子は大好きだ
など、
悪者語録がすごいので
真剣に視聴していると頭がおかしくなりそうです。

絵だと?
我が子が美術などという良いものに
うつつをぬかしてる
あの人魚の小娘のせいだな



あの小娘はお前の汚れた心を
清らかにする気でいる
今度こそあの人魚を
片付けねばならん



あの小娘に息子を改心させてなるものか
人の心をもて遊んでいいのは
この私だけだ

劇中:イービル・マンタの台詞
ブレイン・スポンジというモンスターが出てくるラストの展開が、
子ども向けアニメにしてはなかなか強烈にグロいです。
子どもさんが視聴する時にはちょっとご注意を。

nao
頭ガブリです、、えぐ、、
しかし結末はわりとハッピーエンドなので
そのシーンさえ平気なら楽しく視聴できるかと思います。

まとめ:海の中の世界

シーズン3も、
  • カモメ・スカットルとの出会い
  • エリック王子がアリエルを見かける
  • セバスチャンのご両親
  • ジーニーのそっくりさん
  • 人間の凶悪な生物実験
  • 北極や恐竜たち
  • 英雄アポロ
  • フランダーの突然変異
  • 可愛いリトル・イービル
など
魅力的なキャラクターやエピソードが沢山登場しました。
それぞれの回にメッセージ性や
人生の教訓のようなものも描かれており大変勉強になるので、
いつか自分の子どもにも観せたいなぁと思いました。
TVシリーズを観て
更にリトル・マーメイドの世界が大好きになること間違いないでしょう。
また映画版も視聴したくなりますね。
リトル・マーメイドがお好きな方は
ぜひTVシリーズも視聴してみてはいかがでしょうか?
以上!
アニメレポでした。
TVシリーズ版
映画版

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事